みんなで集まって
BBQしよう!

アメリカ人も日本人も大好きなバーベキュー。婚活中の男女には、自分をアピールする絶好の機会です!さぁバーベキューへ!!

バーベキューの燃料と調理器具

バーベキューの燃料はどんなもの?

炭の他にも燃料はあります。木炭、あるいはバーベキュー専用の固形燃料です。炭の中にヒッコリーやオークなど樹木チップを混ぜ、燻煙を出すことにより燻製風味を付ける手法もあります。

日本国内産の黒炭は、不快な煙臭や爆跳も少なく、じっくりとした火力が持続し、焼き上がりに薫製のような風味もかすかにあり、バーベキューに向いています。外国産より多少高価ですが、品質が安定しているのでバーベキューに適しています。保存管理が良くなかった黒炭ほど燃焼初期には爆跳の危険性があるため注意が必要なので、気を付けてください。

「Quick Grill Briquette」「ラウンドストーブ」といった商品名で販売されている小型の加工ヤシガラ炭は、着火後1分〜数分で調理可能で、1時間ほどで燃焼が終わるため、小規模のバーベキューパーティーの際、使い勝手が良いのが特徴です。また、これを火種として通常の木炭の着火材としても好都合です。

備長炭をはじめとした白炭は、より上質な焼きもの料理が可能ですが、着火が難しく、調理が開始出来るまでの燃焼温度への到達に時間を必要とするので、熾き火に至るまでは爆跳の危険性があります。そして値段も、さらに高価なため、バーベキュー用途には一般的ではありません。

オガ炭は白炭系の木炭と似た燃焼の性質を示し、不快な燻煙や、危険な爆跳はほとんど発生しません。また比較的安いということもあるので、近年ホームセンターの店頭やインターネット通販でも扱いが広まっています。しかし白炭同様に火熾ししにくく、一方で火が熾ると4時間ほど燃焼し続ける場合もある為、短時間のバーベキューの場合は消火等での注意が必要です。その逆に、バーベキューパーティーが長時間に及ぶ場合でも炭を継ぎ足す必要もなく調理可能な火力が持続するため、オガ炭はバーベキュー燃料として好都合な存在でもあります。

欧米産のバーベキュー炭は、日本の炭とは異なり、炭焼き時に木酢液を抜く工程がないため、木酢成分が多く残っており、熾き火になるまで、かなりきつい燻煙がでます。

「バーベキュー用」と称して大量に流通している格安のマングローブ炭や東南アジア産黒炭などは煙臭や爆跳がすごいです。、燃焼時に木酢液のような異臭を伴い、食味や口内に違和感や嘔吐感、頭痛を出ることもあります。そのような症状が場合によっては数週間もそれが続くこともあります。また再生紙で覆い固めた木炭粉のバーベキュー用ブロックなども低質炭が多です。食品用ではなく建築用の木材を使用した安価なものには、燃焼時に有毒ガスを発生させるものもあるので気を付けて購入してください。

木炭を着火するのにはコツが必要ですが、ジェル状着火剤など着火を安易にする商品が木炭に添付されていたり、販売されています。イワタニなどからは木炭着火専用のカセットガスボンベ式トーチバーナーが発売されています。また、火熾し器である「チャコールスターター」を使うと火熾しが簡単にできます。

おすすめ情報

調理器具はどんなものがある?

器具としては、火格子(ひごうし)式のグリルや焼き網など、火(熱気)が素通りするタイプと、 鉄板式 に大別されます。そして、食材を固定するものとして金串などがあります。

バーベキュー専門店や個人でも、オリジナルの道具にこだわる人がいます。こだわる人達は、普通のグリルではなく、金属製グリルやレンガなどで作られたバーベキュー・ピットという竈(かまど)や暖炉に近い造りの物を使います。ドラム缶を加工する場合や、海外ではマンホール用の金属蓋を利用する場合もあるんです。また珪藻土(けいそうど)製の角形七輪も増えています。

卓上式のグリルに多いタイプが、底面の断熱用に、コンロに水張りするタイプの方が、水蒸気の作用で、油の多い豚バラや鶏皮、サバやサンマなどの青魚を焼いても炎が上がりにくいのが喜ばれています。また、焼き上がりにこびり付きや、焦げ付きが少なく、野菜などは特にふっくらと美味しく焼き上がり、嬉しいことに、器具自体の汚れも少ないのが特徴です。

バーベキュー後のバーベキューグリルは油汚れや炭の汚れがべっとりと付いていることが多いのですが、バーベキューの準備段階でグリルの火口を覆うようにアルミ箔の揚げ物フェンスや、バーベキュー用の厚手のアルミホイル(60ミクロン程度の厚さ)を、炭受けと油汚れが及びそうなところへ敷き詰めれば、汚れはホイルに付着してグリル本体へはほとんど及ぶことがないので、掃除はホイルを剥がすだけで楽にでき、グリル本体も長持ちします。また焼き網やグリル本体などにバーベキュー前に酢を塗っておくと、食材のタンパク質と熱した金属との間に熱凝着が起こりにくく、比較的掃除が楽になります。

気になる話題

バーベキューしようぜ!

〈2003〉みんなで集まってBBQしよう!